プロフィール

なみお

Author:なみお
イタグレ&ウイペット服のお店「POCKET」の商品を紹介しています。
我が家のワンコ達の日常もぼちぼち・・・・。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

イタグレ&ウイペット服の紹介と、管理人なみおの日常のぼちぼち日記。

黒ラブ ぷ~子 余命3日の宣告

まだ気持ちが落ち着かず、書きながら気持ちがふらふらしてます。乱文ばかりになります。
まだ記事にするつもりは無かったのですが、POCKETのお客様に多少なりともご迷惑を掛けてしまうので、やはり書いておこうと思います。実際、昨日、今日は余り縫えていません。必ず挽回しますので少しだけ許して下さい。

私の自慢の13歳8ヶ月の愛犬、超人ぷ~子には老いは来ないものだと勝手に思っていました。
先週までは、ごくごく普通に過ごし、目は殆ど見えていませんでしたがボールを持っているだろう、しじ美をゆっくり追いかけて走ったりもしていました。


老いは誰にでも平等にやって来るものなんですね。


夏前から始まった発作は定期的に起きていました。
5日程前に初めて夜の発作が。

次の日、朝起きたらぷ~子は私の顔も声も匂いも分からなくなってしまいました。遠い所に行ってしまったみたい。悲しかった。
でも、まだきちんと歩けてそぼしらしじと皆で散歩も出来ました。
何か予感がしたのでしょうか?私はこの日念入りにぷ~子をブラッシング。沢山話しかけながら。
この日20時、深夜2時、朝5時と発作が立て続けに起こってしまいました。朝には発作が収まり意識も戻りましたが、もう後ろ足の自由がきかなくなりました。大好きなご飯も水さえも飲まなくなりました。
私はおろおろするばかり。子どもの様に一人で泣き叫んでいました。
日中も立て続けに発作。
「あぁ、もう駄目なんだ。このまま逝っちゃうんだ」思わずパパに状況を説明すると、仕事を早退して帰ってくれました。
辛そうな発作をなんとか抑えられないかと病院に。病院でも発作。
先生は
「人間で言うと90歳をゆう超え100歳近い年齢。この子だから発作にも耐えている。抗発作剤を与えるとそのまま目を覚まさない可能性が高いです。
あと3日程でしょう。」
頭では理解してるし、本当に今まで元気に生きてきてくれて立派だと思ってる。でもうまく感情が抑えられない。
隣りで冷静に聞いているパパにも頭にくる。
「もしこのまま発作が続くようで、苦しそうであれば麻酔で眠らすことも視野にいれてみては。(安楽死)」
胃に直接チューブを入れて栄養を与えることも出来るが、もう栄養も消化しないとのこと。(自力では排泄が出来なくっています。発作時に出てしまう)


理解しよう、受け入れようと思っているけど、うまくいかない。
病院の帰りパパが
「最後だから実家に見てもらおうか」となんの気なしに言った言葉に「なんで?世話なんかして貰ってない。死にそうだから見せるの?絶対いや。私のぷ~なんだから!」と元々性格が悪いのに更に意地悪くなっている。
「もう生きてるか死んでるか分からないのに病院に連れていく意味なくない?」と言った次女にも「きくは面倒見ていないから分からない!ぷ~がどれだけ苦しんでるか見てないから!」まるで子供のようなわたし。

愛犬の死を看取るのか飼い主の責任。
犬は必ず人より早く老い、死を迎える。分かっている。きちんと。

今日はいくぶん静かで落ち着いた様子のぷ~子。
目はもう開いたまま、息をしているだけ。ただ見守るしかできない。
もう発作が起こらず静かに眠るように逝ってほしい。そう願ってる。
スポンサーサイト

No title

も~ どんな言葉を掛けても
なぐさめにもならないだろうけど
大往生だよ!なんて言われても
納得いかないだろうけど
十分にお世話をしたって
あーしてあげれば良かった 
まだ何か出来たかもって思っちゃうと思うけど

私は犬の言葉が分かる人でもないし
そんな人もいないと思ってる人だけど
だって、愛犬の言葉が一番分かるのは
飼い主でしょ~~

今、一番ぷーちゃんの声が聞こえるのは
なみおさんだよ!!
そして、ぷーちゃんもなみおさんの声が
一番心地よいはず
いっぱい話しかけてあげてね!!
絶対、聞こえてる!!
最後の最後まで一緒にお話ししてあげてください。
ママの優しい言葉と共に
息を引き取る事が出来たら
ぷーちゃんも幸せだと思います。

つらいけど
耐えられなくらいの出来事だけど
最後なんてあってほしくないけど
お別れなんて嫌だけど

頑張ってね☆
しっかりね!!
09.21.2013 22:43
URL | BOSSママ
[ ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
09.22.2013 06:51
|
[ ]

おはようございます。
はじめて書き込みさせていただきます。先先代のニューファンはてんかんで発作が持続し、3年間の闘病生活から7歳で亡くなりました。
先代のディノ(13歳7ヶ月)は去年暮れに看取りました。
母が10月に亡くなり、追うように具合が悪くなり、2ヶ月介護をしました。

ブログを読んでいて、ディノの最後を思い出してしまいました。夜中3時にトイレに起きたら息をしていませんでした。でもまだ温かく、私は夜中にも関わらず、すがりついて泣きました。
いまでも母のことディノのことを後悔が残ってはいますが、前に進むしかないので、新しく家族になったボルゾイのアヴィンと7歳のイディアとバタバタ生活しています。
最善を尽くしてもこれでよかったと言うことはありませんが、ぷーちゃんをみてやってください。

長文ですみませんでした。
09.23.2013 07:27
[ ]

BOSSママさま

暖かい言葉、ありがとうございます。
ぷ~ちゃん、家族が見守る中、息を引き取りました。
本当に立派だったんだよ。
子供たちもお別れの言葉が言えて良かった。

「もしかしたら、胃にチューブを直接入れたらもっと生きれたかも?」と思わないことはありません。でも獣医の先生の言葉を聞き、これ以上はと判断しました。
飼い主にとって犬の死を看取れたこと、本当に幸せだと思います。
余命の宣告を受けてからの5日間。沢山話しかけました。
誰も居ない昼間は大声をあげて泣きました。

ありがとうございました。
09.23.2013 17:42
URL | なみお
[ ]

非コメさま

もう余り私を泣かさないで下さい~
昨日、家族全員に見守られ虹の橋を渡りました。
安らかな眠りでした。
最後は苦しみもせず眠るようにだったので、飼い主として私もきちんと見送れました。
かなりの高齢だったので頭では覚悟していたつもりですが、いざとなってみると、やはり辛かったです。
でも大丈夫。沢山話しかけましたから。
ありがとうございます。
09.23.2013 17:46
URL | なみお
[ ]

ディノママさま

励ましのコメントありがとうございます。
愛犬の死は何度迎えても辛いですよね。。
ディノくんも13歳7ヶ月、頑張りましたね。
ぷ~子、6月に発作が始まってから獣医には覚悟してくださいと言われていましたが、やっぱり多少の後悔はあります。
皆で看取れたこと、きちんとお別れが出来、本当に良かったと思います。3年前に亡くなったイエローラブ ぽん太は突然逝ってしまったので。。
我が家にもまだ3頭のワンコが居ます。その子達が居てくれるからきっと寂しさも紛れるんだと思います。
ありがとうございました。
09.23.2013 17:52
URL | なみお
[ ]

Secret?